接待やデートを成功させる最高のエスコート術|できる男は知っている

食事
このエントリーをはてなブックマークに追加

地域によって異なる味

ウナギ

浜松はうなぎ養殖発祥の地として有名です。浜松でうなぎの養殖技術が発展するまでは、国内の養殖うなぎの味は今とは比べ物にならなかったという人さえいます。浜松のウナギ養殖は日本国内全体のウナギ養殖を発展させたといっても過言ではないのです。浜松でうなぎの養殖が盛んに行なわれた理由としては、この地域がウナギ養殖に最適な条件が揃っていたからだと言われています。浜松エリアには有名なうなぎ専門店が多くあり、全国各地から絶品のうなぎを求めて多くの観光客が訪れているのです。

浜松は関東地方と関西地方のちょうど間に位置しています。そのため浜松では関東風、関西風どちらのうなぎも味わうことが出来るのです。関東風と関西風で何が違うのかを知らない人も意外と多いでしょう。うなぎをより美味しく頂くためにも、事前情報として両者の違いを頭に入れておきましょう。

まず関東風と関西風ではうなぎのさばき方が違います。関東では背中の方から、関西では腹からさばくのが特徴です。背開きにすると、身が崩れにくくお腹の余計な脂をしっかりと落とすことが出来るため、甘辛いタレの濃厚な風味を感じながらも、あっさりとした味わいを堪能することが出来ます。一方で関西風は腹を開き、頭を残したまま焼きの工程に入るのが特徴です。そして関西風では蒸しの工程がありません。じっくりと焼きながらうなぎの身を柔らかくしていきます。舌触りの違いでいうと、関西はじっくり焼き上げることで表面がこんがりとしています。そのためタレの香ばしい香りと、パリッとした皮の食感を楽しむことが出来ます。浜松を訪れた際は、両方のタイプのうなぎを味わってみると良いでしょう。